viエディタでの画面のスクロール - 行単位でのスクロール -

トップ > 初級編 > 画面のスクロール >
行単位のスクロール

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 

行単位で画面をスクロールする

この記事では、行単位でスクロールする方法を説明します。

なお、この記事でも以下のテキストを例に操作を説明します



  1行目です。
  2行目です。
  3行目です。
  4行目です。
  5行目です。
  6行目です。
  7行目です。
  8行目です。
  9行目です。
 10行目です。

...(中略)...

 91行目です。
 92行目です。
 93行目です。
 94行目です。
 95行目です。
 96行目です。
 97行目です。
 98行目です。
 99行目です。
100行目です。

  
上の掲載は11行目から90行目を省略しています

行単位の上下スクロール

行単位での下方向へのスクロールは CTRL + E コマンドを使います。

では実際にスクロールしてみましょう。

文字カーソルは50行目にある
文字カーソルは50行目にある

上図のように文字カーソルは50行目にあるものとして解説します。 なお、最下行には "62行目です。" が表示されています

では、1行下にスクロールしましょう。 キーボードから CTRL + E を入力してください。

<C-e>
画面が1行下にスクロール
画面が1行下にスクロール

上図のように画面が1行下にスクロールします。

1行下にスクロールしたため、最下行には "63行目です。" が表示されています。 また、文字カーソルは50行目のまま移動していません

続いては、1行上へのスクロールです。 行単位での上方向へのスクロールは CTRL + Y コマンドを使います。

では、1行上にスクロールしてみましょう。 キーボードから CTRL + Y を入力してください。

<C-y>
画面が1行上にスクロール
画面が1行上にスクロール

上図のように画面が1行上にスクロールします。 文字カーソルは引き続き50行目のまま移動していません

ページの先頭へ
 

まとめ

CTRL + E コマンドで画面を1行下にスクロールすることができます。 また、CTRL + Y コマンドでは画面が1行上にスクロールします。

コマンド 説明
CTRL + E 画面を1行下にスクロールする
CTRL + Y 画面を1行上にスクロールする
ページの先頭へ
 
 
-
-
-
-