トップ > Vimのインストール > Vimのインストール(UNIX系) >
Ubuntuでのインストール

UbuntuでのVimのインストール

2014年02月現在の最新版であるUbuntu 13.10では、Vim-Tinyは標準でインストールされますがVimはインストールされません。 そのため、Vimを追加でインストールする必要があります。

なお、Vim-Tinyとは最小限の機能しか持たないVimです。 Vimから不要な機能を削ぎ落した縮小版であり、オリジナルのviエディタとほぼ同じ機能しか持っていません

本ウェブサイトでは、オリジナルのviエディタの機能に加え、Vim独自の拡張機能も解説します。 そのため、Vim-Tinyでは本ウェブサイトで解説している機能が試せませんので、Vimのフルパッケージ(パッケージ名:"vim")をインストールしてください。

Vimがインストール済みかどうかの確認方法は以下を参照ください。 また、インストールされていない場合のインストール方法についても以下を参照ください。

Vimがインストール済みかどうかの確認

Ubuntuにグラフィカルログインした状態で仮想端末を開く、またはコンソールからログインし、


dpkg -l vim

と実行します。 すでにVimがインストール済みであれば、以下のように最下行にパッケージ情報が表示されます。

要望=(U)不明/(I)インストール/(R)削除/(P)完全削除/(H)保持
| 状態=(N)無/(I)インストール済/(C)設定/(U)展開/(F)設定失敗/(H)半インストール/(W)トリガ待ち/(T)トリガ保留
|/ エラー?=(空欄)無/(R)要再インストール (状態,エラーの大文字=異常)
||/ 名前                           バージョン       アーキテクチャ 説明
+++-================================-=====================-=====================-======================================================================
ii  vim                              2:7.4.000-1ubuntu2    amd64                 Vi IMproved - enhanced vi editor

Vimがインストールされていなければ、以下のように最下行に<なし>と表示されます。

要望=(U)不明/(I)インストール/(R)削除/(P)完全削除/(H)保持
| 状態=(N)無/(I)インストール済/(C)設定/(U)展開/(F)設定失敗/(H)半インストール/(W)トリガ待ち/(T)トリガ保留
|/ エラー?=(空欄)無/(R)要再インストール (状態,エラーの大文字=異常)
||/ 名前                           バージョン       アーキテクチャ 説明
+++-================================-=====================-=====================-======================================================================
un  vim                              <なし>                                      (説明 (description) がありません)

Vimのインストール

Vimがインストール済みでなければ、以下を実行してVimのインストールを行います。

ログインした状態で、


sudo apt-get install vim

とします。 "続行しますか [Y/n]?"と訊かれるので、y を入力して続行してください。

ページの先頭へ
 

まとめ

Ubuntuでは、Vim-Tinyは標準でインストールされますがVimはインストールされません。 apt-getコマンドで "vim" パッケージをインストールしてください。

ページの先頭へ
 
 
 
-
-
-
-