viエディタでの正規表現 - 非メタ文字 -

トップ > 初級編 > その他 > 正規表現(初級編) >
非メタ文字

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 

文字そのものを表す

まずは、文字そのものを表すための『非メタ文字』について説明します

といっても、難しいことはありません。 非メタ文字とは、特別な意味を与えられていない文字のことです。 非メタ文字とは、それ自身を表すために使われます。

なお、この記事では以下のテキストを例に操作を説明します



hello 2014
vi editor
 vi editor.

  vi editor
vim Editor
Vim Editor
a
aa
aaa
aaaa
aaaaa
.
*
^
$
/
\
[
]
<
>
{
}

  
3行目の先頭には、空白を1つ入れてあります。
  
4行目は空行です。
  
5行目の先頭には、空白を2つ入れてあります。

非メタ文字

非メタ文字とは特別な意味を与えられていない文字のことです。 例えば、"vi editor" というテキストが『非メタ文字』に該当します。

では、実際に『非メタ文字』を使ってテキスト検索してみましょう。

文字カーソルは文書の先頭にある
文字カーソルは文書の先頭にある

上図のように文字カーソルは文書の先頭にあると仮定して説明を始めます

すでに説明したように、前方検索の検索テキストの入力を開始するには /(スラッシュ) コマンドを使います。

キーボードから / を入力してください。

/
/で検索テキスト入力へ
/で検索テキスト入力へ

上図のように最下行で検索テキストを入力可能な状態になります。

続いて、検索テキストを入力します。 今回は "vi editor" を検索してみましょう。

では、キーボードから vi editor を入力してください。

vi editor
vi editorを入力
vi editorを入力

上図のように vi editor と入力します。

検索テキストの入力を終えたらEnterで確定します。

2行目の vi editor の位置へ移動する
2行目の vi editor の位置へ移動する

上図のように文字カーソルが2行目の "vi editor" の位置に移動します

このように、非メタ文字では、入力したテキストそのものが検索されます。 一般的なワープロやテキストエディタであれば、当然の動きであり、難しいことはありません。

さらに、順方向の次の一致へ移動してみましょう。 順方向の検索テキストにマッチする位置へ移動するには n コマンドを使います。

  
n コマンドは "Next" から連想して覚えましょう。

キーボードから n を入力してください。

n
3行目の vi editor の位置へ移動する
3行目の vi editor の位置へ移動する

上図のように文字カーソルが3行目の "vi editor" の位置に移動します

さらに、順方向の次の一致へ移動します。

キーボードから n を入力してください。

n
5行目の vi editor の位置へ移動する
5行目の vi editor の位置へ移動する

上図のように文字カーソルが5行目の "vi editor" の位置に移動します

なお、今回の例では、英字と空白で検索しましたが、数字や日本語でも同じように入力したテキスト自身が一致します。

ページの先頭へ
 

まとめ

正規表現では、特別な意味を持たない文字は『非メタ文字』と呼ばれ、それ自身を表します。

正規表現 意味
非メタ文字 それ自身を表す
ページの先頭へ
 
 
-
-
-
-