トップ > 基礎知識 > エディタの特徴 >
小文字と大文字は区別される

viエディタの命令は小文字と大文字が区別される

viエディタにはモードがあり、モードには『コマンドモード』と『入力モード』の2つがあることはすでに説明しました。

また、コマンドモードでは、キーボードからのキー入力は命令として扱われることも説明しました。 例えば、キーボードから h を入力すれば、文字カーソルが左に移動します。

ただし、キーボードから H を入力しても、文字カーソルは左に移動しません。 理由は、『キーボードからの入力は小文字と大文字が区別される』ということです。

つまり、h と H は別の命令として解釈されます

多くの命令を持たせるため小文字と大文字を区別

小文字と大文字が区別されるのは、より多くの命令を持たせるためです。 小文字と大文字を別の命令とすることで、viエディタはより多くの命令を持つことが可能となっています。

そのような設計のおかげで、ファンクションキーやカーソルキーが使用できないにも関わらず、とても効率よく文書を編集することができます。

ページの先頭へ
 

まとめ

viエディタでは小文字の命令と大文字の命令が別の命令として区別されます。 それにより、ファンクションキーやカーソルキーを使わなくとも効率よく作業することができます。

ページの先頭へ
 
 
 
-
-
-
-