viエディタの終了と編集の再開方法

トップ > 簡単な文書の作成 >
viエディタの終了と編集の再開

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 

viエディタを一度終了し、再度ファイルを開く

ここで一度viエディタを終了します。 そして、再び文書を開いて編集を続けましょう

一度viエディタを終了するのは、viエディタの終了方法を説明するためです。 なお、viエディタを終了する命令はexコマンドです

quit コマンド(exコマンド)で終了

viエディタを終了するには、quit コマンド(exコマンド)を実行します

  
quit コマンド(exコマンド)は省略して q と記述することができます。

では、キーボードから :q<Enter> を入力してください。

:q
終了
終了

上図のようにviエディタが終了します

なお、文書が未保存の状態では、上記コマンドだけでは終了できません。 詳細については、以下の補足を参照ください。

ページの先頭へ
 

補足 - 変更済みで未保存である場合の終了方法 -

quit コマンド(exコマンド)での終了についての補足です。 今回は、quit コマンド(exコマンド)でviエディタを終了できたはずですが、状況によっては終了できない場合があります

それは、文書が変更されている場合です。 文書が変更されているにも関わらず、未保存の状態で終了しようとすると、以下のように表示されます。

未保存による終了エラー
未保存による終了エラー

上図のように情報欄にエラーメッセージが表示されます。 このように、未保存では quit コマンド(exコマンド)のみでは終了することはできません。

上記のエラーメッセージが表示された場合は、変更を保存して終了するか、変更を破棄して終了してください。 具体的な方法については、以下を参照ください。

変更を保存して終了する方法(その1)

まずは、write コマンド(exコマンド)で保存し、その後 quit コマンド(exコマンド)で終了する方法です。 つまり、すでに説明した write コマンド(exコマンド)と quit コマンド(exコマンド)を2回に分けて実行するだけです

:w
:q

変更を保存して終了する方法(その2)

続いて、write コマンド(exコマンド)のみで保存・終了する方法です。

write コマンド(exコマンド)は、終了オプション q を付加することができます。 終了オプション q を付加すると、保存後にviエディタが終了します

オプションは wq のようにコマンドのすぐ後ろに付加します

:wq

変更を破棄して終了する方法

最後に、quit コマンド(exコマンド)で強制終了する方法です。 つまり、変更を破棄して終了します。

quit コマンド(exコマンド)は、強制オプション ! を付加することができます。 強制オプション ! を付加すると、未保存でもviエディタを終了することができます

オプションは q! のようにコマンドのすぐ後ろに付加します

:q!
ページの先頭へ
 

練習用文書をviエディタで開く

保存したファイル "練習用文書.txt" を再び開きましょう。 WindowsとUNIX系で手順が異なりますので、利用している環境に合わせて参照ください。

Windowsの場合

Windowsの場合は、以下の手順で "練習用文書.txt" を開きます。

ファイルを、マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)でクリックします。

コンテキストメニューからEdit with Vim
コンテキストメニューからEdit with Vim

上図のようにコンテキストメニューが表示されるので "Edit with Vim" を選択します。

Vimの起動
Vimの起動

上図のようにVimが起動し、編集が再開されます。 文字カーソルは、文書の先頭に位置します

UNIX系でファイルを開くには

UNIX系の場合は、以下の手順で "練習用文書.txt" を開きます。

仮想端末を開く、またはコンソールからログインし、


vi 練習用文書.txt

とします。

Vimが起動し、編集が再開されます。 文字カーソルは、文書の先頭に位置します

ページの先頭へ
 

まとめ

quit コマンド(exコマンド)で、viエディタを終了します。 ただし、未保存の状態であれば終了することはできません。 未保存の場合は、変更を保存して終了するか、変更を破棄して終了しなくてはなりません。

コマンド 説明
:w 文書を保存する
:q viエディタを終了する
(変更されている場合は終了できない)
:wq 文書を保存してviエディタを終了する
:q! 保存せずにviエディタを終了する
(変更を破棄して強制終了する)
ページの先頭へ
 
 
-
-
-
-