viエディタ習得のための目的や方針

トップ > 概要 >
本ウェブサイトの目的や方針

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 

目的

本ウェブサイトは、viエディタを使用した経験のない方でも『viエディタ初級者』になれることを目指して制作されています。

できれば『上級者』を目指したかったのですが、現在のvi互換エディタは高機能なため、とても本ウェブサイトでは全てを網羅できません。

また、オリジナルのviエディタに存在しなかった機能については筆者が知らない部分も多いという理由もあります。

ページの先頭へ
 

方針

本ウェブサイトは、以下の方針に従って制作されています。

vi互換エディタであるVimの使用が前提

本ウェブサイトでは、オリジナルのviエディタではなく、vi互換エディタであるVimを使用することを前提に執筆しています。

これは、多くのLinuxでVimが標準採用されていることを考慮した結果です。 また、Windows上で利用されているvi互換エディタの中でも、おそらく最もユーザ数が多いと思われるためです。

  
オリジナルのviエディタが動作する環境が少ないという理由もあります。

OSはWindowsにもUNIX系にも対応

Windows・UNIX系のどちらのOSを使っている方にもお読みいただけるように執筆しています。 なお、UNIX系は、Ubuntu・Fedora・Vine Linuxのいずれかを想定しています。

オリジナルのviエディタの機能とVimの機能の区別を付けて解説

本ウェブサイトで紹介する機能には、オリジナルのviエディタが持っていた機能と、Vimが持つ拡張機能の両方が混在しています。

紹介する機能が、オリジナルのviエディタが持っていた機能なのか、Vimの拡張機能なのかについてもできるだけ解説していきます。

ページの先頭へ
 

まとめ

本ウェブサイトの目的は、読者がviエディタ初級者になることです。 また、本ウェブサイトではvi互換エディタであるVimの利用を前提としています。

なお、Windows・UNIX系のどちらのOSを使っている方にもお読みいただけるようにしています。

ページの先頭へ
 
 
-
-
-
-