viエディタでの行単位の削除

トップ > 初級編 > テキストの編集 > 行単位の編集 >
行単位の削除

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 

行単位の削除

この記事では、行単位でテキストを削除する方法について説明します。

なお、今回は以下のテキストを例に説明します



  1行目です。
  2行目です。
  3行目です。
  4行目です。
  5行目です。
  6行目です。
  7行目です。
  8行目です。
  9行目です。
 10行目です。

...(中略)...

 91行目です。
 92行目です。
 93行目です。
 94行目です。
 95行目です。
 96行目です。
 97行目です。
 98行目です。
 99行目です。
100行目です。

  
上の掲載は11行目から90行目を省略しています

行単位の削除

行単位の削除は、dd コマンドを使用します

上の説明を見て、読者のみなさんは矛盾を感じたのではないでしょうか。 『d コマンドは、後ろに移動コマンドを指定するのではないか』...と。

本ウェブサイトでは、これまでの記事で『d コマンドや y コマンド、c コマンドは、後ろに移動コマンドを指定する』と説明してきました。 しかし、実はこれらのコマンドには例外があり、コマンド文字を2度続けて入力すると行全体が編集対象となります

  
dd コマンドは、1行しか削除できない命令ではありません。 dd コマンドの前に数字を入力することで、繰り返し回数を指定することができます。 例えば、4dd と入力することで4行を削除することができます。

では実際に削除してみましょう。

文字カーソルは20行目の4文字目にある
文字カーソルは20行目の4文字目にある

上図のように文字カーソルは20行目の4文字目にあるものとして解説します。

ここでは、5行を削除してみましょう。

キーボードから 5dd を入力してください。

5dd
20行目から24行目が削除される
20行目から24行目が削除される

上図のように20行目から24行目が削除されます。 文字カーソルは4文字目にありましたが、5行ともに行全体が削除されています

続いて、貼り付けを行ってみましょう。 貼り付けは文字カーソルの行の上の位置とします。 つまり、文章が元に戻ることになります。

キーボードから P を入力してください。

  
P は英大文字の ピー です。
P
文字カーソルの行の上にテキストが貼り付けられる
文字カーソルの行の上にテキストが貼り付けられる

上図のように文字カーソルの行の上に削除したテキストが貼り付けられました。

このように、行単位で切り取られたテキストは貼り付けも行単位で行われます

ページの先頭へ
 

まとめ

dd コマンドで行単位の削除が行えます。

行単位で切り取られたテキストは、貼り付けも行単位で行われます。

コマンド 説明
dd 行を削除する
(文字カーソルのある行を1行削除)
ページの先頭へ
 
 
-
-
-
-