トップ > 基礎知識 >
ファイルの編集開始方法

テキストファイルの編集を開始する方法

viエディタでファイルの編集を開始する方法、つまり、『起動してファイルを開く方法』を説明します。 なお、WindowsとUNIX系では手順が異なりますので、利用している環境に合わせて参照ください。

ページの先頭へ
 

Windowsでファイルを開くには

WindowsでVimでファイルを開く方法を解説します。 既存のファイルを開く場合と、新規にファイルを開く場合で手順が異なります。

既存のファイルを開く方法

既存のファイルを開く方法を以下にまとめます。

<< 1. コンテキストメニューからEdit with Vim >>

1. コンテキストメニューからEdit with Vim
1. コンテキストメニューからEdit with Vim

編集したいファイルを、マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)でクリックします。

コンテキストメニューが表示されるので "Edit with Vim" を選択します。

<< 2. Vimの起動 >>

2. Vimの起動
2. Vimの起動

Vimが起動し、ファイルの内容が読み込まれます。

  
Vimの終了方法は次の記事で説明しますので、Vimを起動したまま読み進んでください

新規にファイルを開く方法

新規にファイルを開く方法を以下にまとめます。

<< 1. コンテキストメニューから新規作成 >>

1. コンテキストメニューから新規作成
1. コンテキストメニューから新規作成

ファイルを作成したい場所(例:デスクトップ、マイドキュメントなど)で、マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)でクリックします。

コンテキストメニューが表示されるので "新規作成" → "テキスト ドキュメント" を選択します。

<< 2. ファイル名の変更 >>

2. ファイル名の変更
2. ファイル名の変更

ファイル名を任意の名前に変更します。

<< 3. コンテキストメニューからEdit with Vim >>

3. コンテキストメニューからEdit with Vim
3. コンテキストメニューからEdit with Vim

作成したファイルを、マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)でクリックします。

コンテキストメニューが表示されるので "Edit with Vim" を選択します。

<< 4. Vimの起動 >>

4. Vimの起動
4. Vimの起動

Vimが起動し、空の状態で編集が開始されます。

  
Vimの終了方法は次の記事で説明しますので、Vimを起動したまま読み進んでください
ページの先頭へ
 

UNIX系でファイルを開くには

UNIX系でVimでファイルを開く方法を解説します。 既存のファイルを開く場合も、新規にファイルを開く場合も同じ手順です。

仮想端末を開く、またはコンソールからログインし、


vi 練習用文書.txt

のように、ファイル名を引数に指定して起動します。

指定したファイルが存在していれば、ファイルの内容が読み込まれます。 存在していなければ、空の状態で編集が開始されます。

  
Vimの終了方法は次の記事で説明しますので、Vimを起動したまま読み進んでください
ページの先頭へ
 

まとめ

Windowsでは、コンテキストメニューの "Edit with Vim" でファイルを開きます。 UNIX系ではコマンド名の後ろにファイル名を指定してファイルを開きます。

ページの先頭へ
 
 
 
-
-
-
-