トップ > 初級編 > テキストの編集 > 行の分割と結合 >
行の結合(exコマンド)

exコマンドで行を結合する

この記事でも、行の結合について解説します。 今回は、exコマンドを使った方法を解説します

なお、今回は以下のテキストを例に説明します



  1行目です。
  2行目です。
  3行目です。
  4行目です。
  5行目です。
  6行目です。
  7行目です。
  8行目です。
  9行目です。
 10行目です。

...(中略)...

 91行目です。
 92行目です。
 93行目です。
 94行目です。
 95行目です。
 96行目です。
 97行目です。
 98行目です。
 99行目です。
100行目です。

  
上の掲載は11行目から90行目を省略しています

行を結合する

行を結合するには、join コマンド(exコマンド)を使います

  
join コマンド(exコマンド)は省略して j と記述することができます。

では実際に結合してみましょう。

文字カーソルは文書の先頭にある
文字カーソルは文書の先頭にある

上図のように文字カーソルは文書の先頭にあると仮定して説明を始めます

ここでは、2行目から7行目を空白を調整せずに結合してみましょう。

では、キーボードから :2,7j!<Enter> を入力してください。

:2,7j!
2行目から7行目が結合される
2行目から7行目が結合される

上図のように2行目から7行目が結合されます

空白は調整されずに、改行が取り除かれただけの結合になっています。

ページの先頭へ
 

まとめ

join コマンド(exコマンド)で、指定範囲の行を結合することができます。

コマンド 説明
:<範囲指定>j<オプション> 行を結合する

・<範囲指定>を省略すると現在の行と次の行が結合される。

・! オプションを指定すると改行が取り除かれるだけの結合が行われる。
ページの先頭へ
 
 
 
-
-
-
-