トップ > 初級編 > テキストの編集 > 行単位の編集 >
行単位の変更

行単位の変更

この記事では、行単位でテキストを変更する方法について説明します。

なお、今回も以下のテキストを例に説明します



  1行目です。
  2行目です。
  3行目です。
  4行目です。
  5行目です。
  6行目です。
  7行目です。
  8行目です。
  9行目です。
 10行目です。

...(中略)...

 91行目です。
 92行目です。
 93行目です。
 94行目です。
 95行目です。
 96行目です。
 97行目です。
 98行目です。
 99行目です。
100行目です。

  
上の掲載は11行目から90行目を省略しています

行単位の変更

行単位の変更は、cc コマンドを使用します

c コマンドも、d コマンドや y コマンドと同じようにコマンド文字を2度続けて入力することで行全体が編集対象となります

  
cc コマンドは、1行しか変更できない命令ではありません。 cc コマンドの前に数字を入力することで、繰り返し回数を指定することができます。 例えば、9cc と入力することで9行を変更することができます。

では実際に変更してみましょう。

文字カーソルは7行目の5文字目にある
文字カーソルは7行目の5文字目にある

上図のように文字カーソルは7行目の5文字目にあるものとして解説します。

ここでは、1行を変更してみましょう。

キーボードから cc を入力してください。

cc
7行目が変更状態になる
7行目が変更状態になる

上図のように7行目が変更中の状態になりました

文字カーソルは5文字目にありましたが、行全体が変更中の状態になっています

では "Changed" に変更します。 キーボードから "Changed" を入力してください。

Changed
Changedと入力される
Changedと入力される

上図のように"Changed" が入力されます

入力を終えたので、コマンドモードに戻します。 キーボードから Esc を入力してください。

<Esc>
Changedに変更される
Changedに変更される

上図のように7行目が "Changed" に変更されます

このように、文字カーソルの位置に関係なく行全体が変更対象となります

ページの先頭へ
 

まとめ

cc コマンドで行単位の変更が行えます。

コマンド 説明
cc 行を変更する
(文字カーソルのある行を1行変更)
ページの先頭へ
 
 
 
-
-
-
-