トップ > Vimのインストール > Vimのインストール(Windows) >
ライブラリの追加

Vimへのライブラリの追加

Windows版のVimのインストールが完了しました。 ただし、このままでは日本語を正しく扱えない可能性があります

日本語が含まれるファイルを編集した際に、日本語が正しく処理されない場合があるためです。

Windows版のVimで日本語を正しく扱うためには、iconvライブラリとintlライブラリが必要になります。 以下の手順に従ってライブラリをセットアップしてください。

ページの先頭へ
 

iconvライブラリの追加

iconvライブラリ(ファイル名:iconv.dll)は、Vimには含まれていません。 そのため、Vimとは別に入手を行い追加する必要があります。

以下の手順に従ってiconvライブラリをセットアップしてください。

iconvライブラリの入手

iconvライブラリは、GNU libiconvに含まれています。 以下のリンクからGNU libiconvをダウンロードしてください。

iconvライブラリのインストール

ダウンロードしたGNU libiconv(libiconv-1.9.1.bin.woe32.zip)を、下記の手順に従ってセットアップします。

<< 1. 展開 >>

ダウンロードしたlibiconv-1.9.1.bin.woe32.zipを展開します。

<< 2. 配置 >>

展開した libiconv-1.9.1.bin.woe32フォルダ → binフォルダ → iconv.dll を C:\Program Files\Vim\vim74 に配置(コピー)します。

  
64ビット版のWindowsの場合はコピー先フォルダは"C:\Program Files (x86)\Vim\vim74"となります。
ページの先頭へ
 

intlライブラリの追加

intlライブラリ(ファイル名:libintl.dll)は、Vimに含まれているのですが最新版ではありません。 そのため、Vimとは別に最新版の入手を行って入れ替えを行います。

以下の手順に従ってintlライブラリをセットアップしてください。

intlライブラリの入手

intlライブラリは、GNU gettextに含まれています。 以下のリンクからGNU gettextをダウンロードしてください。

intlライブラリのインストール

ダウンロードしたGNU gettext(gettext-runtime-0.13.1.bin.woe32.zip)を、下記の手順に従ってセットアップします。

<< 1. 展開 >>

ダウンロードしたgettext-runtime-0.13.1.bin.woe32.zipを展開します。

<< 2. 改名 >>

展開した gettext-runtime-0.13.1.bin.woe32フォルダ → binフォルダ → intl.dll を libintl.dll に改名します(先頭に "lib" を追加)。

<< 3. 配置 >>

改名した libintl.dll を C:\Program Files\Vim\vim74 に配置(コピー)します。

  
64ビット版のWindowsの場合はコピー先フォルダは"C:\Program Files (x86)\Vim\vim74"となります。
  
libintl.dllファイルはすでにVimフォルダに存在していますが上書きしてください。
ページの先頭へ
 

まとめ

Windows版のVimで日本語を正しく扱うためには、iconvライブラリとintlライブラリが必要になります。 iconvライブラリもintlライブラリもVimとは別に最新版の入手を行って入れ替えを行う必要があります。

ページの先頭へ
 
 
 
-
-
-
-