viエディタでの新規ファイルの作成

トップ > 簡単な文書の作成 >
新規にファイルを開く

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 

新規ファイルの作成

では、Vimによる文書の作成を始めましょう。 作成する文書のファイル名は "練習用文書.txt" とします

まずは、新たにファイルを開く必要があります。 WindowsとUNIX系で手順が異なりますので、利用している環境に合わせて参照ください

Windowsの場合

Windowsの場合は、以下の手順で新規にファイル "練習用文書.txt" を開きます。 なお、ファイルを作成する場所はデスクトップとします。

デスクトップの何もない場所を、マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)でクリックします。

コンテキストメニューから新規作成
コンテキストメニューから新規作成

上図のようにコンテキストメニューが表示されるので "新規作成" → "テキスト ドキュメント" を選択します。

続いて、ファイル名を変更します。

ファイル名の変更
ファイル名の変更

上図のようにファイル名を "練習用文書.txt" に変更します。

  
Windowsの標準設定では拡張子(.txt)は表示されません
  
拡張子(.txt)が表示されていなかった場合は、拡張子(.txt)を入力する必要はありません
  
拡張子(.txt)が表示されていなかった場合は "練習用文書" と入力します

作成したファイルを、マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)でクリックします。

コンテキストメニューからEdit with Vim
コンテキストメニューからEdit with Vim

上図のようにコンテキストメニューが表示されるので "Edit with Vim" を選択します。

Vimの起動
Vimの起動

上図のようにVimが起動し、空の状態で編集が開始されます。

それでは、この状態で次の記事へ進みましょう

UNIX系でファイルを開くには

UNIX系の場合は、以下の手順で新規にファイル "練習用文書.txt" を開きます。 なお、ファイルを作成する場所はホームディレクトリとします。

仮想端末を開く、またはコンソールからログインし、


vi 練習用文書.txt

とします。

ページの先頭へ
 

まとめ

新規ファイル "練習用文書.txt" を開きましょう。

ページの先頭へ
 
 
-
-
-
-