トップ > 初級編 > テキストの編集 > コピー・切り取り・貼り付け >
コピー&ペースト

コピーと貼り付けの操作

この記事では、コピー&ペーストについて説明します。 他のアプリケーションからのコピー・貼り付けではなく、viエディタ内部でのコピーと貼り付けです

コピー&ペースト
コピー&ペースト

なお、この記事では前章で作成した以下のテキストを例に操作を説明します


The quick brown fox jumps over the lazy dog.
  Above is an English-language pangram phrase.

コピー&ペースト

では、コピーについて説明します。 コピーは、y コマンドを使用します

  
y コマンドは "Yank" から連想して覚えましょう。

なお、y コマンドは、c コマンドや d コマンドと同じく、後ろに移動コマンドを入力します。 例えば、2yw なら文字カーソルの位置から2単語がコピーされます。

では実際にコピーしてみましょう。

文字カーソルは文書の先頭にある
文字カーソルは文書の先頭にある

上図のように文字カーソルは文書の先頭にあると仮定して説明を始めます

ここでは、3文字をコピーしてみましょう。 つまり、"The" をコピーします。

キーボードから 3yl を入力してください。

  
3yl は サンワイエル です。
3yl
Theがコピーされる
Theがコピーされる

上図のようにテキスト "The" がコピーされます(見た目の変化はありません)。

  
この時点でレジスタの中には、コピーされた "The" が格納されています
  
レジスタを指定していないため標準レジスタが使用されます。

続いて、貼り付けを行います。

まずは、貼り付け先まで文字カーソルを移動させておく必要があります。 今回は貼り付け先は1行目の行末の後ろとしますので、まずは1行目の行末に移動しましょう。

キーボードから $ を入力してください。

$
1行目の行末に移動
1行目の行末に移動

上図のように1行目の行末に移動します

では、コピーしたテキストを貼り付けてみましょう。 貼り付けは、p コマンドを使います。

  
p コマンドは "Put" から連想して覚えましょう。

では、貼り付けます。 キーボードから p を入力してください。

p
1行目の行末にテキストが貼り付けられる
1行目の行末にテキストが貼り付けられる

上図のように文字カーソルの位置の後ろに "The" が貼り付けられました

ページの先頭へ
 

まとめ

y コマンドで、コピーを開始します。 コピーする範囲は、後ろに続く移動コマンドの移動先までとなります。

p コマンドでレジスタの中身を文字カーソルの位置の後ろに貼り付けることができます。

コマンド 説明
y<範囲指定> 文字をコピーする
(文字カーソルの位置から指定された範囲まで)
p レジスタの中身を貼り付ける
(貼り付け位置は文字カーソルの位置の後ろとなる)
ページの先頭へ
 
 
 
-
-
-
-